博多織

伝統を受け継ぐ「博多織」

770年の歴史をもつ福岡の伝統工芸、博多織。
博多出身の満田弥三右衛門が中国(宋)からその技術を持ち帰ったのが起源。
江戸時代初期には当時の領主黒田長政が幕府への献上品として指定し、名実共に高級織物の地位を確立しました。

工場へ着くと、あらかじめデータで渡していた柄をその場で織って見せてくれました。
通常の織物よりも、ものすごく多くの糸を使用して織るということも博多織の特徴。

そのため、通常の織物よりも丈夫なんです。
(力士のまわしにも博多織生地が使用されていたようです)
また絹を使うことによって高級感があり上品な光沢が生まれます。

機械が動き出すと、一気に生地が織られていきます。
細かな柄でも綺麗に織りあがりました!

洋服でも和装でも、普段使いでも特別な日でも持ち歩けるようにデザインしています。
それぞれが博多織と認証された「博多織タグ」付きです。