明治生まれの本染め「注染手拭」

注染とは、独特のジョウロで染料を注ぎ、染める技法で、模様部分を染め上げる伝統的な型染の1つ。
明治時代、職人の街、大阪で生まれる。
一枚の布をジャバラ状に重ね合わせ、伝統的な技術で染め上げるため、裏表がない手拭となる。
ひとつひとつの工程を職人の手作業によって行なわれるからこその表現がここにある。

真っ白な手ぬぐい生地に、染まる部分と染まらない部分を分ける為に糊を置く型紙は伝統の「伊勢型紙」を使用

注ぎ口の長いジョウロのようなもので染料を注いでいきます。注染の名前はここから
注染の特徴「にじみ」は、職人の熟練の技

糊を洗って、乾かして、仕上げ。
どの工程も、昔ながらの手作業で行なわれる

カヤオリジナル手拭

麻小紋×鮫小紋

ピアノ

コントラバス

大薔薇

まねき猫